MONTHLY PICK UP

正統派ロールカラードレス

2018-12-23
ロールカラーとはドレスの襟元を折り返したようなデザインのことを指します。

今ではビスチェタイプのドレスが多いですが、
上品で正統派を目指すならロールカラーがオススメです。

モナコのシャルレーヌ王妃やスウェーデンのヴィクトリア女王も着用し、
長く愛されているデザインは厳かな雰囲気のチャペルに映えることでしょう。
正統派ロールカラードレス
【DRESS:ERD23】

ドレスの中でも最高級と言われるほど格式高い生地のミカドシルク。
そのミカドシルクの美しい光沢感と張り感を活かしたシンプルなデザインのドレスです。

シンプルなデザインだからこそ、シルエットの美しさが際立ち
花嫁様をより一層美しく見せてくれます。
正統派ロールカラードレス
また、こちらのドレスは3Wayスタイル。
長袖をつけるとよりクラシカルな印象に、
ロールカラーを外し、ベルトをつけるとモダンな印象に。
挙式時、披露宴入場時などシーンに合わせてアレンジを楽しんでいただけます。

ぜひ、あなたのイメージをお聞かせください♪
previous backtothe_list